歩かない犬の散歩のしつけ方

スポンサーリンク

歩かない犬の散歩のしつけ方

犬の散歩時のしつけ-散歩嫌いをなおす

犬は散歩をするのが当たり前だと思いがちですが、中には散歩中歩かない犬もいます。

 

散歩は、犬にとって最大のストレス解消であり飼い主とのコミュニケーションをとる唯一の方法と言えますが、歩かないのにはちゃんとした理由があります。

 

まず、子犬の時初めて散歩をするときに歩かないという現象が多くみられます。

 

初めて外の世界を見るわけですから、初めての世界にびっくりして足が動かなくなってしまいます。

 

そのような現象が見られたときには、リードを軽くひっぱると自然と歩くようになります。

 

向いている方向とは逆にリードを引っ張ってあげると有効的です。

 

それでも歩かない場合は、おもちゃやおやつを鼻先に持っていき散歩の道を誘導します。

 

また、子犬だけでなく大人にも散歩をしないこともあります。

 

散歩の途中で苦手なものに遭遇したり、大きな犬に出会って怖い思いをした場合におびえて歩かなくなってしまうこともあります。

 

このような場合には、散歩をする道のりを変えてあげましょう。

 

散歩をする前におもちゃで遊んであげたり、おやつをあげたりして恐怖心をとりのぞいてから散歩をするのも良いです。

 

かまってほしさから散歩をしない!?

飼い主にかまってほしくて散歩をしない場合もあります。

 

このような時には、抱っこしてあげたりするとかまってもらえると思い逆効果になってしまいます。

 

そんな時は、要求にこたえずリードを引っ張って散歩を誘導してあげましょう。

 

要求にすべてこたえてしまうと、飼い主と犬の上下関係が逆転してしまいしつけ上良くありません。

 

飼い主は常にリーダーであることを、認識させることがしつけ上大切なことです。

 

散歩をしない理由には、それぞれ理由があります。その理由について、リーダーである飼い主がしっかりと認識することが犬との関係を築く上で最も大切なことだと言えます。

 

散歩で歩かない場合には、何かに怯えていないか周りの状況をよく観察しましょう。

 

気持ちを理解することもしつけをする上で、非常に大切なことだと言えます。