犬の無駄吠えや吠え癖のしつけ

スポンサーリンク

吠える犬のしつけ方でやってはいけないこと

犬はある意味では吠えることが仕事だということができます。

 

特に、番犬とか狩猟犬として働いてきた種類の犬は、それが役目ですから本能的に吠えるということがあります。

 

しかし、今日では役割も変わってきており、そうなると無駄に吠えたリすることのないようにしつけておかないと、犬を飼うことができなくなってしまいます。

 

そこで、しつけ方ということになりますが、そのためにはなぜ吠えるのかをよく観察することから始める必要があります。

 

一つには、何かを求めて吠えるということがあります。

 

これが考えられる場合は、飼い主が自分の行動を見直してみることも解決に役立ちます。

 

要求すれば満たされるということが反射的になってくると、欲しくなると吠えるということにつながるからです。

 

この場合は要求にすぐに答えるのでなく、静かに諭し、小さな合図でも対応するということを理解させることです。

 

ケースによっては少しの間無視するということが必要になります。

 

次が威嚇で吠える場合ですが、一度威嚇での成功体験を持つと、それが自分にとって役に立つ武器だと思い込むようになり、エスカレートすることがあります。

 

この場合も優しく諭しことと、吠える相手に頼んで、平然としてもらい、威嚇は効果がないことをわからせることが大事になります。

 

不安からくる場合もあるので、このときは不安材料を見つけてあげて、取り除くことが解決の早道になります。

 

そして、しつける場合にしてはいけないことは、次のようなことになります。

 

たたく、蹴る、首輪を引っ張るなどの体罰を与えること

 

新聞紙や棒などで大きな音を出したり、大声で怒鳴り、威圧すること

 

犬の身体、口元を掴んで叱ること、また真正面から目をじっと合わせて叱ること(人の場合は必要とされていますが、犬は恐怖を感じ、反撃する習性があります)

 

そして、正しくしつけても治らないという場合は、別の要因が影響していることがあることも忘れないことです。

 

熱があったり、お腹の調子が崩れている、足首を捻挫しているなど、体調の不良や怪我などの可能性もありますでので、その際は動物病院などで見てもらうことが大事になります。