犬の噛み癖のしつけに最適なおもちゃ

スポンサーリンク

犬の噛み癖のしつけに最適なおもちゃ

犬の噛み癖をなおす方法いろいろ

噛む癖がある犬のしつけは大事です。

 

しつけて噛み癖を治しましょう。

 

子犬の時は口の中が乳歯であるため、違和感で噛んでしまいます。

 

夢中で遊んでいて、その中でつい噛んでしまうということもあります。

 

大人になってから、憤りや怖さによる噛む癖が生じることもあります。

 

子供のうちに噛む癖を治してしまうことが理想です。

 

犬の噛み癖を治すためのおもちゃや道具にはいろいろな物があります。

 

例えばタオルや布でできたおもちゃがあります。

 

子犬の時にも最適なもので、子犬には乳歯が永久歯に生え変わる時期があります。

 

その時期に大いに使えるものです。

 

 

タオルや布のおもちゃは噛んだ時に歯が食い込みます。

 

また、歯で引っ張って遊ぶものであるため、歯の生え変わりが促されます。

 

それから、歯茎から血が出ていても、布であれば血が吸収されます。

 

デメリットとしては、ボロボロになりやすいです。

 

できるだけ丈夫な布でできているものを選びましょう。

 

他にも木でできたおもちゃがあります。

 

それほど固くないものです。

 

これも子犬の乳歯が永久歯に生え変わる時期に大いに活躍するものです。

 

甘噛みを軽減することもできます。

 

長く噛んでいることができるものであるためです。

 

例えば食べても大丈夫なマンゴーの木でできているものがおすすめです。

 

おもしろいものに、ピーピーと鳴るゴムでできたおもちゃもあります。

 

噛み癖を止めるスプレー

また、専用のスプレーもあります。

 

リンゴなどの苦い成分によるものです。

 

犬はこのスプレーで味覚を刺激されます。

 

自然と、これがかけられた物や場所は噛まなくなります。

 

 

 

これらのおもちゃをずっと噛ませていると、噛みやすい犬になってしまいますから、ときどき遊ばせてあげるようにしてください。
ペットボトルのキャップなどの道具を代わりに噛ませている人もいますが、ずっと噛ませていると歯が間違った方向に生えてしまうかもしれません。
特に口の大きさの割に歯が大きい犬の場合は注意しましょう。