どういうときに犬のしつけが必要か

スポンサーリンク

どういうときに犬のしつけが必要か

愛犬のしつけは、飼い主であれば必ずしないといけません。

 

しつけをする際には、時には愛犬のしたいことを制止しなければいけないこともあります。

 

愛犬がかわいそうだから、自分はしつけができない、という人もいますが、それは、犬にとって快適な生活を送ることができなくなることにつながってしまいます。

 

犬のしつけが最も必要なときは、犬のトイレのときです。

 

でも上手なしつけができなくて悩んでいる人は結構おられます。

 

はじめのあちこちにトイレをさせてしまうと、犬というのはなかなかトイレを覚えてくれません。

 

トイレのしつけをする際には、トレーやペットシート、サークルが必要になります。

 

サークルの中でしつけをすることで、放し飼いをしているときよりもトイレを簡単に覚えてくれます。

 

放し飼いにしていていろいろなところでおしっことかうんちをされてしまうと、掃除をするのもすごく大変です。

 

でもサークルの中でしつけをしたら、簡単にしつけをすることができるだけでなく、飼い主の掃除もすごく楽になります。

 

きちんとトイレをすることができたら、褒めてあげることが大事になります。

 

褒めてあげることで、犬も喜んでできるようになります。

 

もしも、失敗をしてしまったら、きれいに掃除をしないといけません。

 

少しでもおしっこなどの臭いが残っていたら、またその場所に犬はおしっこなどをしてしまうからです。

 

また、散歩をするときにも犬のしつけは大切になります。

 

きちんとしつけができていないまま散歩をすると、リードを引っ張られたり、吠えたりしてすごく飼い主が大変になります。

 

散歩がうまくできる犬だったら、病院に行くときとかお出かけもすごく楽にできます。

 

散歩のときのしつけですが、飼い主の歩くペースに犬が合わせるようにします。

 

もしも犬が引っ張ってきたら、リードを引っ張って止めるということを繰り返すことが必要です。

 

でも多少犬が自由に動き回れる時間を作ることも大事になります。

 

オンオフのメリハリをつけて犬の散歩をしてあげることがすごく重要です。