犬の無駄吠えを直すしつけ方法

スポンサーリンク

犬の無駄吠えを直すしつけ方法

基本的に犬は 「カマチョ」 です。

 

※「カマチョ」=「かまってちょうだい」

 

我が家の愛犬ミニチュアダックスの「ライト君」 は無駄吠えの矯正をする前は、とてもよく吠えてました。。

 

ワンブルを使ったおかげで無駄吠えは直りましたけど。。

 

無駄吠え矯正

 

↑スヤスヤ眠って良い子になりました(笑)

 

 

犬が無駄吠えするきの理由

 

犬の無駄吠えは寂しいという気持ちを持っていたり、退屈に感じているということを外部に伝えようとしているものであるため、防止させるためには飼い主が愛犬に対して接する時間を増やしてあげるといったことが有効的です。

 

用事が立て込んでいたり仕事で家を空けている時間が多い場合、寂しさを感じているので構ってほしいという気持ちを伝えているのです。

 

そのため、時間をやりくりし1日に一度しっかりと犬と遊ぶ時間を確保したり、散歩に費やす時間を長くするといったトレーニングが有効的です。

 

スケジュール的に余裕が無かったり、雨が降っている時はおもちゃを使用して新しい刺激を感じることができる接し方をしてあげましょう。

 

今はインターネットで検索すればいくらでも、犬の芸なども手軽に調べられるので、今まで覚えていた芸に追加して、新たな芸を教えてあげたり、ゲームを行って一緒に遊ぶのも有益性が高いです。

 

日中にしっかりと遊ぶことにより疲労感を覚えて睡眠時間が長くなるため、夜遅くに犬の無駄吠えによる近所迷惑が引き起こされなくなります。

 

吠えるのをあきらめるまで無視!

 

無駄吠え矯正には無視が効果的

こんな感じで、時間を確保してトレーニングを行ったり、遊ぶ時間を取っているのにも関わらず、無駄吠えが多いと感じてしまうときは、思い切って無視してみるのも有効的です。

 

基本的に犬の無駄吠えは、寂しさが起因となって行われるため、その都度飼い主が反応してしまうと吠えると気が引けると思い込んでしまうのです。

 

大声で怒るというシーンが見受けられることもありますが、愛犬にとっては構ってもらえていると認識されてしまうので、大きな声を出すことは望ましくありません。

 

同じくおやつを食べている時は静かになるので、防止させるためにおやつを与えるということもよく見受けられるのですが、ご褒美だと勘違いしてしまうことがあるので逆効果になってしまいます。

 

こうした心理状態があることから、犬の無駄吠えが見受けられたら毅然とした様子で無視するというトレーニングに励んでみましょう。

 

すぐに変化は起こらないものの、トレーニングを続けていけば必ず犬の無駄吠えは解消されていきます。

 

もしも無駄吠えをそのままにしておいたら・・・

 

無駄吠えのしつけをしない場合において、得られるメリットはほとんどありません。

 

どんな理由があってもデメリットになることが確実ですから、できる限りは早めにやめさせることが大切です。

 

実際に発生する悪影響は、主導的な役割をする飼い主だけでなく、人間の子供に及ぶこともあるので注意しなければいけません。

 

無駄吠えが続くと、犬の立場は不安定になることが避けられません。

 

様々な要因で吠えることになるわけですが、場合によっては飼い主に対して攻撃的になることがあります。

 

この場合には、互いの信頼関係は完全に崩壊していることも意味しています。

 

犬は縦社会の関係で成り立つ動物ですから、このような状態が続くと飼い主を見下すようになります。

 

結果的には飼い主の指示に従うことがなくなり、人間よりも偉い立場にあることを誇示するようになるのです。

 

家族だけが迷惑をするのであれば、家庭内の問題として片付けることも可能です。

 

ところが、犬の無駄吠えは社会的に見ると騒音にもなるため、近所迷惑になることが避けられません。

 

特別な防音装置がなければ、無駄吠えの騒音が近所中に拡散してしまうことでしょう。

 

しつけを行うことがなければ、犬を適切に指導する能力がないことが露呈して、飼い主としての威厳を失ってしまいます。

 

そのため、しつけは利己的な考えで行うのではなく、近所の平穏を維持するために実施する必要もあります。

 

犬は想像以上に敏感な動物で、人間よりも繊細な感受性を持ち合わせていることがあります。

 

しつけで無駄吠えを改善しない場合には、ストレスが重なって食欲や体力を失ってしまうことが珍しくありません。

 

この状態が極端になると、食欲不振やストレスも重なって、病気に対する抵抗力が減退してしまう場合があります。

 

基本的にはしつけで改善するべきですが、何らかの病気が原因で無駄吠えをする場合には対処法が変わります。

 

この場合には適切な治療を行いながら、医師のアドバイスも受けて対処したほうが犬への負担も軽減します。

 

 

 

 

 

犬の無駄吠えを直すしつけ方法記事一覧

無駄吠え防止首輪ワンブルを使用した感想

無駄吠え防止首輪 「ワンブル」 を使用したことがある飼い主さんからの声を犬種別にまとめてみました。犬によってワンブルはどのように違うのか、はたしてワンブルの効果はあったのでしょうか!?各犬種の飼い主さんにお願いをして、個別にアンケートをとって感想をいただきました。ワンブル購入の際の参考にしてください...

≫続きを読む

ワンブルとしつけ君どっちが良いのか?-比較検証-

無駄吠えは飼い主にとって、犬のしつけを行う上での悩みの種ですが、対策商品によって解決出来る可能性が高まります。数ある商品の中でも、ワンブルやしつけ君は代表的なアイテムで、この2商品は比較対象となったり口コミが寄せられることが多くあります。商品の共通点としては、どちらも送料無料で購入出来たり、それに音...

≫続きを読む