無駄吠えや吠え癖のある犬のしつけトレーニングをする期間は?

スポンサーリンク

犬のしつけトレーニングをする期間は?

愛犬をしつけてお利口さんにするための期間はどれくらいかかるのか気になります。

 

 

犬のしつけの期間は一概には言えません。

 

その犬や飼い主の環境で大きく変わってくるからです。

 

例えば下記のような状況でしつけのトレーニング期間は変わってきます。

 

  • 自分でしつけをするのか
  •  

  • ドッグトレーナーにお願いするのか
  •  

  • どこまでのしつけをするのか

 

これらの理由や状況によってしつけの期間は変わってきてしまいます。

 

しかし、確実に言えることは、しつけを始めようと思った時からがスタートです。

 

犬のしつけでお手が出来るようになりました

犬のしつけに、遅いという事はありません。

 

犬のしつけの期間は基本的に、いつでも行うことができます。

 

しかし、トラブルを起こさないためにも行うのは子犬の時期から行うことをおすすめします。

 

犬のしつけのトレーニング期間は、犬によって変わってきます。

 

1ヶ月程度で完璧に覚える子もいれば、3〜4ヶ月かかっても覚えられない子もおり、年齢や犬種、環境によって覚える期間は様々なため焦ることはなく、時間をかけて覚えさせることで忘れにくくなります。

 

しつけは大切な犬と人間との共存するためのルールですから、しっかりとしたしつけをして楽しく愛犬との暮らしをエンジョイしましょう。

 

 

しつけのやりかた

 

しつけは怒らない、興奮しないながらも服従を絶対せずに、反抗期になったとしても反抗的な態度を取る時には相手をしないということが基本となります。

 

犬のしつけは、アイコンタクトやトイレトレーニング、ハウス、留守番や食事、音などを室内でしつけしていき、屋外では首輪とリードに慣らす、お座りや待て、伏せ、抱っこの仕方、リーダーウォークなどを行っていきます。

 

基本となるのがアイコンタクトで、事故やアクシデントを遠ざけることができます。また、飼い主と犬の上下関係をはっきりさせることができ、飼い主をリーダーとする学習をします。

 

名前を呼んだらアイコンタクトをし、上手にできたら決めておいた褒め言葉と一緒におやつやおもちゃ、撫でるなどのご褒美を与えます。

 

トイレも寝起きや食後など排泄することがあるため、そんな時にはトイレに誘導して成功したら褒めるということを繰り返していきます。

 

ハウスは犬の休んでいるハウスの中におやつを入れて、自分から入ったところで褒めるということを繰り返します。

 

基本的にはどのしつけも成功したら褒めたり、ご褒美などを与えることとで覚えさせていきます。徐々に慣れさせていき、そのうちおやつなどを使わなくても指示に従うようにしていくことが大切です。

 

また、指示を聞かないときには無視をするなどをしていくことで、やってはいけないことを覚えていきます。

 

なるべく子犬期にしつけをすることによって信頼関係を作り、交通事故などを防ぐことにもつながります。